2006年12月 9日 (土)

どこにもない!!

どこにもない!!

新幹線でビールを飲んだせいか、タバコが少し吸いたくなり(新幹線は全車両禁煙だったため吸えず・・・)、時間も早かったので、散歩がてら東京駅改札を出てみた。

続きを読む "どこにもない!!"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

【骨meets 俺】

【骨meets<br />
 俺】

今、帰りの新幹線の中でビールを飲みながらblogを更新している。


今日、アンサンブル講習会の昼休みに鰻重が出た。

約10年前くらいから大好物になったのだが、実はまったく食べない時期もあったのだ。

『これは、俺が小学2年生の頃、おばあちゃんと鰻を食べに行った時の話し。』

食に全く興味がなかった俺は、与えられた物を生きる為に食べていた。

そして、生きてきて初めて鰻重を食し、骨が喉の奥に刺さったのだ。

こうなると、もう気になって味なんか分からない状態に陥る・・・

そして、「ご飯を噛まずに飲みなさい」とおばあちゃん言われ、涙しながらたくさん飲む俺。

でもずーっと違和感があるのだ。


「もっとたくさん飲むのよ!!」


「でももう苦しいよぉ〜」


取り敢えず店を出て自宅に。

母に骨が刺さった話をしたら、また同じ事をキツク言われ、また俺、涙・・・。


「さっきいっぱい飲んだけど取れないんだもん!!」


「いいから、飲みなさい!!」

祖母に比べ、母親はやっぱり恐いものだ・・・

結局、自宅で何をしても取れず、母親に連れられ病院に行く事に!

お医者さんが「どうしました〜?」


「鰻の骨が喉に刺さって取れないんです・・」

「ちょっと見せてね〜」


(俺超緊張!!!)

「ア〜〜ン・・・・」

変なアイス棒みたいな銀色の物体が舌の奥まで入り、俺の舌を下に押す!

押す!!!

押しすぎだろ・・・。

我慢出来ず、
(オォェ〜ッ・・・・)

(オェッ・・ オォェ〜ッ!)


マジ泣き!!

そんな事をしているうちに、

「ハイ!とれましたよぉ〜」


これまでの緊張感が一気に解け、もう俺クタクタ・・・


それ以来、俺の脳が【鰻イコール骨が刺さる】と認識。


あの時の苦しさは今でも鮮明に覚えている。


だって、骨よりご飯丸呑みがキツイんだもん・・・

それ以来、銀色の奴が俺の舌に触れた事は一度もない。

「小さい頃にこんな経験した事ない!?」

こういうのって忘れないよね・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

まだ夢の中・・・

まだ夢の中・・・

朝4時30分に起きて、これから長野へ。

上田にてアンサンブル講習だ。
今回は8団体もあるのでどんな演奏が飛び出すか楽しみ!

そして、11月に指導したグループも数団体いるらしい。みんな頑張ってるかな?


話しは変わるが、今俺の前に座ってるやつ椅子倒しすぎ!!
数回蹴りを入れたが相手は手強い。
常識ないのか・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

いも

いも

北海道公演の打ち上げで、「いもおいしぃ〜 いもおひぃしぃ〜」って食べまくってたら、家にダンボール箱に積められた芋の山が届いた!


目茶苦茶嬉しいー!!

でも芋の皮むくのできないんだよなぁ・・・


以前カレーを作った時に芋の皮むきに大苦戦!!

変な芽みたいの邪魔だし、皮むき器もうまく使えないし・・・


ん??

そうか!!

北海道の芋は剥かなくていいのか!?


・・・・・・・???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

リハ終了。

リハ終了。

リハーサルが終わり、ホテルにチェックイン。

時間ができたので、今までたまってしまったメールの返信(ごめんなさい…)や来年度のスケジュール調整などを約2時間。

「あぁ〜・・・お腹空いたなぁ。」

話しは変わるが、こっちでダウンはまったく必要なかった・・・

そして、また話しは変わるが、一人でツインの部屋に泊まれる事になり、かなり快適だ!

これから飲み行くぞー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多へ

博多へ

九州交響楽団のトラでボレロを吹きに、これからコイツに乗って博多に行く。

向こうは暑いのか!?

北海道の直後だから、ついついダウンを着てきてしまったが・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

謎の物体

謎の物体

札幌の町を歩いていると、こんなものをよく目にした。

やつは、緑色で四角いバァディー!!

よく見ると『すべり止用砂』と書いてある。そして、『ご自由にお使い下さい』と。

これは勝手に持っていって滑るところにかけていいのか!?


「謎である・・・」

今度札幌行ったら誰かに聞いてみよう。


【豆知識】
この他にも、テパートの靴売場に行くと、滑りにくい靴も豊富にある。

一つあればスケートリンクでも平気かも・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪景色Part 2

雪景色Part<br />
 2

札幌の町が真っ白に!

見ているだけならキレイだが、夜の道はかなりやばい。

車道も歩道もスケートリンクだ!!

足を浮かせると転ぶ確率が上がるので、現地の人もみんな滑らせながら歩いている。

俺は、指を怪我するとヤバイのでタクシーをつかまえ目的地へ。


こんなのブーツなんて履いてたら間違いなく終わるなぁ。

東京ではまず考えられない状況に、また勉強してしまった。

「俺の脳はもういっぱいでこれ以上入らないよぉ〜」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運河

運河

『うに』の悔しさを噛み締めながら、−2.5度の中小樽運河を目指し歩いている。

あまりの寒さに足の指先が麻痺してきた・・・

顔の感覚も無くなり、おそらく鼻水もでていただろう・・

近くにガラス店があったので、そこに入り解凍される俺・・。

(小樽は寿司につづき、ガラス製品やオルゴールも有名らしい)

そうそう!写真が運河である。

小樽の歴史が運河の水底にあると言われるだけあって、いろいろ考えさせられるものがある。

水に映された石やレンガ倉庫などはすばらしい絵になる。

それにしても、俺には寒すぎる気候だ・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

雪景色

雪景色

こんないい景色を発見!!

東京でも雪が降ればこういう場所たくさんあるのになぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧